軽自動車を驚きの安さで買う方法

軽自動車は維持費も安く魅力的ですよね。

ついでに車両価格も安ければいうことなしなのですが、現実的には軽自動車は普通車に比べて値引き額が小さいんですよね。

しかも軽自動車は派手な色や奇抜な色でも、走りさえすれば需要が絶えないので、中古でも安く買うのは本当に難しいんです。

また、可愛いという理由で、ひそかに女性人気が高かったりもします。

今回はそんな軽自動車を安く買うとっておきの方法をお教えします。

軽自動車を購入するタイミングも大事

軽自動車を所持する人に課される税金に、軽自動車税があります。

軽自動車税は「4月1日時点での所有者」が支払わなければなりません。

自家用の軽自動車の場合、1年でまとめて一括で10800円請求されます。(かつては7200円でしたが、2015年4月1日以降10800円に値上げされました。)

ここでの大事なポイントは、購入時期によって軽自動車税は節約できるということです。

例えば、4月2日に軽自動車を購入した場合、4月2日から来年の3月31日までの364日分の税金を抑えることができるのです。

逆に1日ずれて4月1日に購入した場合、軽自動車税10800円はきっちり支払わなければなりません。

事実上、たったの1日購入時期がずれるだけで、価格が10800円も違うのと同じです。

ですから、車両価格の安い軽自動車を選ぶだけでなく、購入時期をしっかり検討するのも大事です。

理論上は、4月2日~4月中旬あたりに、「お買い得で安い軽自動車」を購入するのが、もっとも賢い軽自動車の買い方になります。

現実的には車両本体の価格変動も考慮する必要があるので、難しいとは思いますが・・・

ちなみに普通車の自動車税は「新規登録をした月の翌月から3月までの月割り分」で持っていかれるので、軽とは違います。

普通車の場合は、月末ではなく月初めに購入することで、約1ヵ月分の自動車税を節約することはできますが、軽のようにまるまる約1年分の税金を節約することはできないわけです。

軽自動車の場合、新車の値引きは期待薄

まずハッキリと断言しておきますが、軽自動車を安く買いたい場合、新車は絶対にNGになります。

なぜならば、軽自動車は普通車に比べて車両価格が圧倒的に安いため、値引き幅が少ないからです。

ディーラーの利益は約1割くらいなので、軽自動車のように100万円~200万円くらいの車両を売っても、10万円とか20万円くらいしか儲からないわけです。

値引きなんかできるわけないですよね?

決算だなんだと頑張って値引き交渉しても、大して安くなりませんので、無駄な努力はやめましょう。

失ったお金は働けば返ってきますが、時間だけは絶対に返ってきません。

軽自動車に安さを求めると中古車しかない

私なら絶対に中古車を買います。

だって新車も一度でも乗ってしまえば中古車ですよ。

安さにこだわるなら絶対に中古車を買うべきです。

すぐに壊れそうだとか、中古車に抵抗のある方もいるかと思いますが、それは昔のイメージです。

最近の車は、大事に乗ればそう簡単には壊れません。

また新車並、あるいはそれ以上に手厚い保証をつけてくれる業者さんもいるくらいです。

そのせいか、とくに最近の若い世代では、中古車に対する抵抗がほとんどないみたいですね。

しかし残念ながら、軽自動車は中古でも高いのが現実です。

軽自動車を求める層の人は、維持費の安さに魅力を感じてる方が多いわけですから、少しでも車両価格が安い中古車も大人気なわけです。

実際に軽自動車は、新車よりも中古車のほうが売れてます。

みなさん本当にしっかりしてますね。

結局のところ軽自動車は、新車も中古車もどっちも高いわけですから、本当に困っちゃいますよね。

でも安心してください。

簡単に中古の軽自動車を安く買う方法があるんです。

どうすればいいかと言うと、知る人ぞ知る非公開車両を狙いましょう。

非公開車両は安い!お得!

非公開車両とは、一般の人は見ることが出来なくて、プロの業者のみが見る事の出来る中古車情報のことです。

ネット上や販売店の店頭で、公開されている車両は、全体の約30%ほどでしかなく、残りの70%は非公開車両だと言われています。

どうして非公開なのかというと2つの理由があります。

1つ目の理由は、お得意様や常連さんに販売する目的や、業者同士で取引したりするためです。

とくに状態のいい車やお買い得品は、非公開車両になりやすいです。

もう1つの理由は、毎日数多くの仕入れがあり過ぎて、公開作業が追いついていないからです。

ちなみに非公開車両は年間60万台以上とも言われています。

当たり前の話ですが、その名の通り「まだ公開されてない車両」なのでネット上や販売店ですでに値段の付けられている車よりも、余計な人件費やマージンを上乗せされていないので安いです。

唯一の問題は、私たち一般人は、ネット上からも実際の店舗でも、非公開車両を見ることができないことです。

しかしながら、プロの業者を通して、非公開車両を紹介してもらうことはできます。

一番お手軽な方法は、非公開車両の紹介に特化したインターネットの見積もりサービスを利用することです。

わたしがオススメするのは、上場企業の株式会社エイチームが運営する「なびくる+」さんです。

「なびくる+」さんは、あなたの希望通りの車を無料で見つけてくれるインターネットの見積もりサービスです。

使い方は簡単です。

欲しい車の情報が決まっているなら、細かい条件(車種、年式、予算)まで全て指定して、入力していくだけです。

よくわからないって人なら「とにかく安い軽自動車」とか、「長持ちする軽自動車」とか、そんな感じでもぜんぜん大丈夫なんです。

あとは60万台以上の非公開車両の中から、あなたにピッタリのお得な車両をプロに紹介してもらえて、見積りももらえます。

もちろんプロが厳選して選んでるので、

・どこがどう痛んでいるか分からないし、購入後に壊れないか?

・もしかしたら事故車かも?

・本当に適正価格でお買い得なのか?

こういった心配をする必要はまったくありません。

中古車選びにおいて、素人にはわからないような「車の痛みや傷」、あるいは「メーターのかいざんなどといった不正行為」など、どんなに細かい事でもプロは絶対に見逃しません。

本当に状態のいい中古車を、安心してなおかつ、安くお買い得買えるのが「なびくる+」さんなんです!

入力にかかる時間はだいたい1分くらいです。カンタンでしょう♪

これが最新式の最も賢い車の買い方です!

なびくる+さんをオススメする理由

・非公開車両が豊富

・車のプロが無料で希望通りの車を見つけてくれる

・まだ中間マージンが上乗せされていないので安い

・アフターサービス(返品OK・最長10年保証)が万全

・もちろん気に入らなければ買わなくてOK

こんな感じです。

スマホ・PCから簡単な入力で、自分の欲しい車を伝えたらあとは待つだけです。

中古車は新車と違い、車の状態によって価格の変わる特殊な商品です。

同じものは1台もないし、その1台が勝負です。

車のプロに選んでもらえば安心ですよね。

本当に完全無料なので、他で見積もりを取っている場合でも、「なびくる+」さんを利用して比較検討してみてはいかがでしょうか。

そうすれば最終的に、もっとも納得のいく車選びができると思います。

☞なびくる+公式サイト