未使用車(新古車)を安く買うための大事なポイント

未使用車(新古車)って聞いたことありますか?

まさに知る人ぞ知るって感じのお買い得品なわけですが、今回はそんな未使用車について詳しく解説していきます。

未使用車についての正しい知識があれば、購入する時も安心です。

・新車だと予算が厳しい

・どうしても欲しい車がある

こんな方はとくに必見です。

もちろん安く買うための大事なポイントも徹底解説します。

未使用車(新古車)とは?

未使用車とはナンバーの登録をしたものの、まだ誰も使っていない新車同様の車のことです。

かつては新古車と呼ばれていましたが、消費者に誤解を与える可能性があるということで、公正取引協会が新古車という呼称を禁止しました。

ですから販売店の方では新古車という表示はできませんが、われわれ消費者は新古車という言葉を使っても大丈夫です。

つまり新古車=未使用車ということです。

いくら見た目がピカピカで新車同様でも、一度ナンバー登録されていますので、新車という扱いにはならず法律的には「中古車扱い」になります。

なぜナンバーの登録をしただけで、まだ誰も使っていないかというと、だいたい3つのパターンがあります。

販売店がノルマ達成のために自分で購入

未使用車が生まれる原因はいくつかあります。

圧到的に多いのが、販売店がノルマを達成するために、自分で新車を購入して販売台数を増やす行為です。

なぜ販売店が、代金を自分で支払ってまで販売台数を増やしたいのか?

実は、これには自動車業界の構造的な問題が関わっているのです。

販売店は一定のノルマをクリアすると、自動車メーカーから莫大な報奨金がもらえる仕組みになっています。

とくに車のよく売れる3月は勝負の月になるので、通常よりも多くの販売奨励金が出ます。

例えば3月の決算までに100台売れたら、メーカーから600万円の報奨金が出るとしましょう。

2月の時点で90台しか売れてなかったら、残り10台は販売店が自社購入して、是が非でもノルマを達成します。

100台売ったように見せかけてメーカーから600万円を頂くわけです。

そして、この時に自社購入した10台が、未使用車として販売されることになります。

これらの未使用車10台を、新車よりも安価で販売したとしても、報奨金の600万円で十分にカバーできます。

報奨金を貰っておく方が、販売店にとってメリットが大きいということがよくわかりますね。

そのおかげで私たち消費者は、ほぼ新品同然の車を安く買うことができます。

しかし、最終的に損しているのは、報奨金を支払った自動車メーカーだけということになります。

販売店と消費者が得をして、メーカーだけが損をするという、何とも不思議な構造ですね。

試乗車や展示車の転売

未使用車は、中古車と違って誰かがオーナーになって乗られたわけではないので、走行距離は100キロいかないのが普通です。

もし100キロを超えるようでしたら、試乗車として使われていた可能性が高いでしょう。

試乗車や展示車用として活用される期間が長いと、車にキズや汚れがつくなどの、リスクが増大することになりますが、極端に安い場合もあるので、細かいことが気にならない方は狙い目です。

しかし、未使用車の定義はあいまいで、販売店によっては、かなり拡大解釈しているところもあるので注意が必要です。

シート等のビニールの有無、走行距離(新車でも10km前後は走っています)など、しっかりとコンディションを見極めましょう。

急なキャンセルが発生

これはローン等のお金絡みの問題で、お客さんに新車引渡しをキャンセルせざるを得ない場合ですね。

突発的な為、案外良い買い物が出来る事があります。

試乗車や展示車、急なキャンセル発生による未使用車はかなり少ないです。

やはり、報奨金を獲得するための販売店のまとめ買いが、市場に大量に未使用車を生み出している原因となっています。

未使用車のメリットとデメリット

未使用車のメリット

・新車よりも安く買える

・納車が早い

・重量税が無料で自動車取得税も割安になる

・ナンバー登録料が掛からない

未使用車を選ぶ際の最大のメリットは、各種自動車税が免除および割安になる点でしょう。

安く買える上に余計な費用もかからないとあれば、未使用車が市場で人気なのは当然ですよね。

未使用車のデメリット

・色やグレードを選べない

・メーカーオプションは付けられない

・登録済の為、車検満了までの期間や保証満了までの期間が短くなる

・早い者勝ちなので人気車種はすぐ売れる

デメリットはこんな感じです。

細かいこだわりがある方は、自分の理想の車に出会える確率は低いかも知れませんね。

奇跡的に出会えた場合は、運命の車ということで大事に乗りましょう。

未使用車を安く買うには?

未使用車の最大のウリは価格ですので、販売店で付けられている値段は、ほぼ限界に近い価格となっているケースが多いです。

したがって、値下げ交渉はほぼ不可能です。

しかも色やグレードを選べないので、自分の理想の車を探すのは難しいです。

人気車種はすぐに売れるので、ようやく見つけたと思ったら、「売約済み」なんてことになりがちですよね。

では、どうすればいいかと言うと非公開車両を狙いましょう。

非公開車両とは、一般の人は見ることが出来なくて、プロの業者のみが見る事の出来る中古車情報のことです。

ネット上や販売店の店頭で、公開されている車両は、全体の約30%ほどでしかなく、残りの70%は非公開車両だと言われています。

どうして非公開なのかというと2つの理由があります。

1つ目の理由は、お得意様や常連さんに販売する目的や、業者同士で取引したりするためです。

とくに状態のいい車やお買い得品は、非公開車両になりやすいです。

もう一つの理由は、毎日数多くの仕入れがあり過ぎて、公開作業が追いついていないからです。

未使用車は非公開車両を狙え

未使用車と非公開車両の相性は抜群です。

人気でみんなの狙ってるような未使用車は、公開されてしまったらすぐに売れてしまいます。

しかし、非公開車両ならそんな心配はありません。

しかも非公開車両のほうが圧倒的に台数が多いので、理想の未使用車を発見できる可能性も高いです。

ちなみに非公開車両は年間60万台以上とも言われています。

さらに、販売店のマージンを挟まない分だけ安く買えるので値段も安いです。

ネット上や販売店ですでに値段の付けられている車に関しては、販売店のマージンが発生するので、どうしても割高になってしまいますからね。

唯一の問題は、私たち一般人は、ネット上からも実際の店舗でも、非公開車両を見ることができないことです。

しかしながら、プロの業者を通して、非公開車両を紹介してもらうことはできます。

一番お手軽な方法は、非公開車両の紹介に特化したインターネットの見積もりサービスを利用することです。

わたしがオススメするのは、上場企業の株式会社エイチームが運営する「なびくる+」さんです。

「なびくる+」さんは、あなたの希望通りの車を無料で見つけてくれるインターネットの見積もりサービスです。

使い方は簡単です。

欲しい車の情報を入力して、備考欄に「未使用車希望」と書きましょう。

あとはあなたにピッタリの、お得な車両をプロに紹介してもらえて、見積りももらえます。

入力にかかる時間はだいたい1分くらいです。

これが最新式の最も賢い車の買い方です。

なびくる+さんをオススメする理由

・未使用車の非公開車両が豊富

・車のプロが無料で希望通りの車を見つけてくれる

・まだ中間マージンが上乗せされていないので安い

・アフターサービス(返品OK・最長10年保証)が万全

・もちろん気に入らなければ買わなくてOK

こんな感じです。

スマホ・PCから簡単な入力で、自分の欲しい車を伝えたらあとは待つだけです。

あなたの憧れる、運命の車はきっと見つかるでしょう。

☞なびくる+公式サイト