車を売る時に必要な書類(最新版・随時更新)

車のような高価な物を売る時ってなんだかドキドキしますよね。

もしも予想以上に高く売れたらどうしよう、なんて考えてるだけで楽しいものです。

しかしその一方で、車を売る時に必要な書類が多そうで、面倒くさそうなイメージがありますよね。

でも実際に自分で揃えなくてはならない物って、ものすごく少ないんです。

どの業者へ売る時も必要な書類は同じですので、しっかりと準備しましょう。

車売却や車下取りに必要な書類

1.自動車検査証(車検証)

車検証

車検証は車の身分証明書のような物で、車の中に常に保管しておくのが義務付けられています。

ですから、ほとんどの方が助手席前のダッシュボードや、トランクなどに入っているでしょう。

万が一紛失してしまった場合は陸運局で再発行してもらえます。

注意点は現住所と氏名を必ず確認することです。

車検証と印鑑証明書の、住所や氏名が異なる場合には以下の書類も必要です。

・住所変更が1回あった➔住民票

・住所変更が2回以上あった➔戸籍の附票または住民票の除票

・結婚等で姓が変わった➔戸籍謄本

2.自賠責保険証明書

さきほどの車検証と一緒に入っていることが多いでしょう。

紛失した場合は、保険会社で再発行してもらえますので安心してください。

3.リサイクル券

リサイクル券(預託証明書)も車検証と一緒に車検証入れに入っていることが多いでしょう。

紛失した場合は、自動車リサイクルシステムで自動車リサイクル券の預託証明書を印刷すればOKです。

操作がよくわからなかった方は「リサイクル料金検索・リサイクル料金の預託状況」の操作手順こちらをご覧になるといいでしょう。

4.委任状

車を売る時に、業者に名義変更手続きを代行してもらうことを証明する書類です。

基本的に買取業者さんが用意してくれます。

5.譲渡証明書

車を売却・譲渡したことを証明する書類です。

これも委任状と同様に基本的に買取業者さんが用意してくれます。

軽自動車の場合には必要ありません。

6.実印

普通車の場合、各書類には印鑑登録されている印鑑が必要になります。

軽自動車の場合は認印でも大丈夫です。

7.印鑑証明書

実印が市区町村に登録されている印鑑だということを証明する書類で、市役所や区役所で発行してもらえます。

紛失した場合には、役所で印鑑登録の廃止申請等を行ってから新たな印鑑を登録する必要があります。

注意点は2つあります。

・発行後1ヶ月以内のものを用意する

・買取業者によっては2通必要なところも多いので要確認

8.自動車納税証明書

毎年5月に届く自動車税の納税証明書です。(軽自動車の場合は軽自動車納税証明書)

自動車税をしっかり納めていないと自動車は売却できません。

コンビニや銀行で納付した場合は、半分を切り取って返してくれますよね。

紛失してしまった場合は、

・普通車⇒自動車税管理事務所または各都道府県の税事務所

・軽自動車⇒市区町村の役所にある納税課

で再発行の手続きができます。

愛車を手放す時には、有効期限に注意して最新の納税証明書を用意しておきましょう

車売却時の書類は実は自分で揃えるものはたったのこれだけ

こうやって書類を並べてみると、多くてめんどくさそうに感じますが、実は自分自身で揃える物って少ないんです。

だって、1~3はほとんどの方が車に備えてあるはずですし、4と5は業者さんが用意してくれますからね。

ですから事実上、自分で用意するのって6~8だけなんですよね。

普通車、軽自動車でそれぞれ見ていきましょう。

普通車の場合

・実印

・印鑑証明書

・自動車納税証明書

ハンコと自動車納税証明書は、ほとんどの方が家にあるでしょう。

区役所・市役所で印鑑証明書をとってくれば、もうすべてが揃っちゃいますね。

軽自動車の場合

・認印

・軽自動車納税証明書

軽自動車の場合、紛失したものが何もない場合、もはや役所へ行く必要すらありませんね。

感覚的には、本やゲームを売るのと大差ないかも知れませんね。

その他に車売却時に覚えておきたいこと

あとは補足として売却金は振込みとなるケースが多いので、振込先の口座情報をメモなどで用意しておきましょう。

また車を売却した際は、契約していた自動車保険会社にその旨を連絡する必要があります。

その際に、売却したことを証明できる書類等を求められることがあるので、売却先には名義が変わった事が証明できる「新車検証のコピー」または「名義変更完了通知書」を依頼しておきましょう。

もちろん信頼できる業者さんなら、何も言わなくても用意してくれるでしょうけどね。

なお書類を揃えるのが遅れてしまうと、改めて査定をやり直す場合があり、その場合には最初に出た査定額よりも下がることがほとんどです。

そうならないためにも、必要なものは上記で確認して、なるべく早めに余裕を持って揃えておきましょう。

まとめ&ちょっとしたお得情報

いかがだったでしょうか?

紛失さえしてなければ、車を売却するのに必要な書類って思ったよりも少ないですよね。

あと注意点として、車の売買は大きなお金が動くので、契約後にトラブルになることがあります。

トラブル防止のためにも、必ず信頼できる業者さんに売るようにしてくださいね。

みなさんのお車が、少しでも高く売れるのを祈っておりますよ。

ちなみにですが、インターネットの一括査定サービスを利用すると、大手買取店も含めた信頼できる業者のみが出張査定に来てくれます。

車が高く売れて、なおかつ安心・簡単・無料ですので、オススメですよ。

一括査定サービスの詳細☞誰でも楽して簡単に車を高く売る方法こちらの記事をご覧ください。