車検の費用をここまで安くした具体的な方法

車検

あなたは今、こんなことを思っていませんか?

・車検を節約して安くしたい

・時間をかけずに楽して車検を終わらせたい

・車検を予約したいけど、よくわからなくて不安だから安心できるところが良い

もし1つでも思い当たるふしがあるならば、今回の記事はあなたにぴったりかも知れません。

車検の費用に疑問を感じた瞬間

実はここ数年、両親から車検の費用があまりにも高すぎるから困っているという内容の電話がかかってくるようになりました。

私も車にあんまり詳しくないので、スルーしていたのですが値段を聞いて驚いてしまいました。

なんと前回も前々回も15万円くらいかかったとのこと。

(。・´д`・。)エェ~

いくら何でも高すぎますね。

高級車でも何でもない、いたって普通の乗用車にしてはありえない金額に感じます。

まずどこで車検を受けたのか聞いてみると、近所の一番近いガソリンスタンドで受けたらしいのです。

あら?ガソリンスタンドって安いイメージがあるような気が・・・

そこで詳しく話を聞いてみると、タイヤや劣化した部品や消耗品を交換するように言われたそうです。

う~む、両親はもうほとんど車に乗ってないのに、毎回のように15万円もかかるのはおかしい気がしますね。

ぼったくりの確証はないものの、タイヤや消耗品を交換しなくてもいいのに交換させられた可能性もありそうですね。

車検の最安値には限界がある

ちなみに車検の費用は、法定費用と車検基本料に分けられています。

法定費用

法定費用とは「自動車重量税」「印紙代」「自賠責保険料」という3つの部分によって構成されています。

特に自動車重量税は、軽自動車、1.0tまでの小型車、1.0~1.5tまでの中型車、1.5~2.0tまでの大型自動車など、車の車種によってかなり変わってきます。

法定費用は国や保険会社に払うものですから、どの業者で車検を受けても価格は変わりません。
つまり法定費用は、どの車検業者へ依頼しても一緒なので安く抑えることはできません。

重量税・自賠責・自動車税といった税金を収めていないと車検は受ける事が出来ないシステムになっているので、車検には税金の回収という面もあるということですね。

また、どの車にも言えることですがエコカーであれば法定費用は抑えられます。

今後ももしかすると値上げされる可能性もありますので、法定費用に関しては常に最新の情報を仕入れていきましょう。

車検基本料

車検基本料とは、依頼された業者に支払うお金で、基本的に24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料なども含まれています。

さきほどの法定費用と違い、各社車検費用には違いがあるので車検の費用を抑えるためには、この車検基本料の安い業者を探す必要があります。

車検の予約のベストタイミング

車検の予約

新車として乗用車を購入した場合には、始めての車検は買ってから3年後の時期になります。

その後は、2年毎に車検を受ける必要があります。

「自分の車の車検はいつだっけ?」と思ったら、まずはフロントガラスのステッカーをチェックするといいでしょう。

ただしステッカーには年月しか印字されていませんので、正式な満了日については車検証で確認しましょう。

車検のお知らせは購入した店から届く場合もありますが、必ず届くわけではないので注意が必要です。

とくに中古車の場合、ハガキを出さない店も多いと思います。

ユーザーの自己管理が基本ですから、しっかりと車検証で確認しましょう。

車検を受けるタイミングですが、有効期間の1か月前から受けることが可能です。

ちなみにフライングで2か月前から受けてしまうと、1か月ぶんの期間を損してしまうので必ず有効期間の1か月前から受けましょう。

ギリギリまで引き延ばしても、なんらかの事情で急用ができてしまったり、忘れてしまったりで車検切れになるリスクがありますからね。

当然ながら車検の有効期間が過ぎている自動車で公道を走ってしまうと、違反で減点や罰金の対象となってしまいます。

車検の有効期間については、こまめにチェックをしておき、有効期間の1か月前になったら余裕を持って受けるのが大事です。

ちなみに私が今回利用したEPARK車検さんは3か月前から予約ができるので、繁盛期でも安心ですね。

車検を安くする方法

とりあえず今回の車検は近所のガソリンスタンドはやめて、私がインターネットで安いところを探しました。

「車検 安い」「車検 最安」こんな感じで調べた結果、EPARK車検さんというサイトを発見しましたよ。

なぜEPARK車検さんを選んだかというと、まず純粋に概算の見積もり価格が、私の調べたなかで一番安かったからですね。

なにせ郵便番号を入力するだけで、一瞬で近所の最も安い車検業者の概算価格がわかりますからね。

インターネットはある意味では残酷で、本当に1円でも安い車検業者を探すことができますね。

他にも似たようなサイトがありましたが、けっこうな価格差があり、EPARK車検さんが明らかに安かったですね。

もちろん「安かろう悪かろう」になっては本末転倒なので、安全面もしっかり調べてあります。

EPARK車検さんは、難関を突破した国家資格整備士が常駐している店舗しか掲載してないので、少なくとも飛び込みでガソリンスタンドや工場に持ち込むよりは信頼できるでしょう。

 車検は見積もりが大事

ということで、さっそくEPARK車検さんで見つけた業者のなかで、最も安いところに申し込みをしようと思いました。

しかし、あくまでも概算価格なので油断は禁物です。

当然ながら車検業者にとっては、追加料金が発生する作業が増えれば増えるほど利益が大きくなるわけです。

ですからお客さんに、あれこれ修理や部品交換を強要してくる可能性があります。

見積もりは無料なので、実際に父の車を見積もりに出してみました。

もちろん今まで車検に出してたガソリンスタンドみたいに、あれこれ追加料金を請求された場合、断る予定でした。

すると63490円と今までの15万円に比べて驚きの安さに!

即決で正式に申し込んでもらいました。

しかも地味に洗車のサービスや給油の特典もあり、言うことなしです。

さらに我が家は家計が苦しいので、クレジットカードも利用してポイントも貯まりました。

今まで車検を受けていたガソリンスタンドを疑うわけではありませんが、あまりの違いに少し驚いてます。

もしも私の両親と同様に車検が高すぎて悩んでる場合は、今回私が利用したEPARK車検さんをオススメします。

個人情報を入力しなくても、郵便番号を入力するだけでご近所の最安業者が一目でわかるので本当に便利ですよ。

24時間いつでもパソコンやスマホからオンライン予約できるので、よさそうなところがあったら、ぜひ利用してみてください。

検索も見積もりもすべて無料でとってもお得です♪

☞EPARK車検公式サイト