車の免許を取得する様々なメリットと唯一のデメリット

免許を取ろう
かつてはほとんどの人が取得してたと言われる自動車免許ですが、ここ最近はそうでもないそうです。

とくに東京都においては若者の免許離れが顕著であり、年々免許保有率が減少している。

たしかにあれだけ交通機関が充実してれば、自動車は必須ではないし免許も不要になる。

しかし私は、例え車に乗る予定のない人達にも、自動車免許は取得して欲しいと考えてしまう。

もしも今、免許を取ろうかどうか悩んでる人は是非今回の記事を最後まで読んで欲しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダントツで1番のメリットは社会経験になる

まだ免許証をお持ちでない人はわからないかも知れませんが、あなたが思ってるほど免許証の取得は簡単ではありません。

免許を取得するには様々な方法がありますが、ほとんどの人が公安委員会指定の自動車学校に通う事になります。

そして自動車学校に入校した後、第一段階の技能教習をATで12時限、MTで15時限、さらには学科を9時限受けなければいけません。

第一段階を突破したら、第二段階に進みATもMTも技能教習を19時限以上、学科は16時限受けなければなりません。

また、第一段階の最後には仮免の修了検定があり、学科試験、技能試験ともに合格しなければ先に進めません。

さらには第一段階、第二段階ともに効果測定やらみきわめやら様々なハードルが立ちはだかります。

そして最後に卒業検定に合格し、なおかつ免許センターの本免学科試験に合格してはじめて免許証が取得できるわけです。

文章だといまいち伝わらないかも知れませんが、ざっくり言うとけっこうしんどいんです。

とくに技能教習の時の教官のプレッシャーは半端ではありません。

鬼教官の表情

まあだいたい常にこんな感じの表情です。

冷静に考えれば鉄の塊の車を操るわけですから、安全運転のため、そして命を守るため、厳しい指導になるのは当然ですよね。

私はこの厳しい指導こそが、若者達にとって素晴らしい経験になると考えます。

この先社会に出れば、もっともっと厳しい上司や先輩に出会うことでしょう。

教習所の場合は卒業すれば、怖い教官にもう2度と会う事はないでしょうが、職場の場合はそうはいきません。

ある程度は耐えなければいけないケースもあるわけです。

社会人デビューの近い学生さんにとって自動車学校は絶好の登竜門であり、運転技術とともにストレス耐性を鍛えられる絶好の舞台と言えるでしょう。

最近の人は「すぐにあきらめる」傾向が・・・

最近の若い人はとくに「すぐにあきらめる」「消極的」「命令待ち」「安定志向」な傾向にあるようです。

いわゆる草食系ってやつですかね。

自動車学校もメンタルの弱い人だと耐えられずに辞めてしまうかも知れません。

もちろん自動車学校が耐えられないようでは、この先何をやっても長続きしないでしょう。
また消極的で行動力がない人にも免許証を取得する事で、大きな成長が望めます。

誰かに乗っけて行ってもらわなければ行けないっていうのは甘えや依存、他力本願って感じで精神的な自立がいつまでたってもできません。

自分の力だけで行きたいところへ行けるようになると、知らず知らずですが行動力と責任感が増し、自立心が芽生えると思います。

もしも自分自身に思い当たる節が1つでもあれば、免許証の取得を目指されたほうがいいでしょう。

2番目のメリットはそれまで分からなかった事が見えてくるようになる

見えた

どんなに自転車や歩行者が危険なのか、自動車を運転してみて初めて気が付く事が多々あります。

例えば自転車が危険走行をしていたら、自分が自転車に乗る時にはあんな走行はやめようと気付きます。

したがって自分自身が自転車や歩行者の時に、交通事故に遭うリスクは間違いなく減るでしょう。

要するに様々な角度で物事を体験する事により、圧倒的に視野は広がり思考能力は高まります。
実際に運転しないとわからない、ありとあらゆる危険予測力、状況判断力などは確実に今後の人生の糧となるでしょう。

3番目のメリットは生涯信頼できる身分証として使える

自動車免許は、写真付きですし住所も記載されているため、現時点では最も信頼度の高い身分証の1つです。

身分証の提示を求められ、運転免許証が断られる事はまずありません。

銀行の口座開設や、役所の手続き等の時に運転免許証があればスムーズにいきます。

4番目のメリットは就職や生活の選択肢が広がる

企業の求人募集に要普通免許と書いてあるケースも少なくありません。そういう場合、例え憧れの企業であっても応募すらできません。

また結婚して子供ができた時に送り迎えする時や、介護が必要な方の移動にも車を運転できれば選択肢が増えます。

またその他のメリットとして、雨でも快適、冬でも暖かい、もてる、等のおまけ的な要素もたくさんあります。

まあ、これ以上メリットを挙げていくときりがないので今回はこのへんにしときます。

ちなみに唯一のデメリットは

免許取得にかかる料金があまりにも高すぎる!

これに尽きます。

自動車学校の料金は地域にもよりますが、基本的に25~30万円前後が相場です。(合宿免許は相場よりもかなり安い)

ヨーロッパのほとんどの地域が10万円以下ですから、いかに日本が高いのかわかると思います。

さらに車を購入する場合、車代、駐車場代、ガソリン代、税金など維持費もかなり必要です。

ずばりお金の問題だけはデメリットと言わざるを得ません。

どうでしたか?

これらのメリットとデメリットを踏まえた上で、もう一度あなたに免許証が本当に必要なのかどうか考えてみて下さいね。

☞早く・安く・確実に免許取得するためにはこちらの記事もオススメです

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする