準中型免許の施工日までに普通免許を取得するとお得な理由

準中型免許

いよいよ平成29年3月12日から、新しい免許制度になります。

免許制度のどこが、どう変わるのか?車に興味のない方はいまいちピンとこないのではないでしょうか。

そこで今回は車に興味のない方や、まだ免許をお持ちでない方にもできるだけ分かり易く、免許制度の変更について書いていきます。

今回の免許制度の変更をひとことで言うと、新たに「準中型自動車免許」が設けられ、これにより「普通自動車免許」の設定も変更になるということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

準中型自動車免許の正体

まず「準中型自動車免許」とは平成29年3月12日から設けられる免許で、

・最大積載量4.5t未満の車
・車両総重量が7.5t未満で、かつ乗車定員10人以下の車
が運転できる免許で、18才以上になれば取得資格があります。

そして平成19年6月2日から設けられた「中型運転免許」は、
・最大積載量6.5t未満の車
・車両総重量11t未満で、かつ乗車定員29人以下の車

が運転できる免許で、運転経験が2年以上必要なため実質20才以上から取得資格があります。

普通自動車免許も少しややこしい

運転免許証

平成19年6月2日より前に普通免許を取得した人については、8t限定中型免許になっていて、
・最大積載量が5t未満
・車両総重量が8t未満で、かつ乗車定員10人以下の車
なら運転できることになっています。

平成19年6月2日~平成29年3月11日までに普通免許を取得した人は、平成29年3月12日以降に更新すると、5t限定中型免許になり、
・最大積載量が3t未満
・車両総重量が5t未満で、かつ乗車定員10人以下の車
なら運転できることになります。

平成29年年3月12日以降に普通免許を取得した人は、さらに運転可能な範囲が狭くなり、

・最大積載量が2t未満に
・車両総重量が3.5t未満で、かつ乗車定員10人以下の車
なら運転できることになります。

準中型免許は誰が喜ぶの?

車の最大積載量とか車両総重量とかごちゃごちゃ言われても、ほとんどの人がよくわからないでしょう。

例えばこんな時に車両総重量が問題になってきます。

わかりやすい例が、宅配便の集配やコンビニ配送などでよく見かけるトラックですね。

クール宅急便やコンビニのアイス等を冷やすための保冷設備などを加えると、トラックの総重量が5tを超えるケースが多く、中型免許が必要になってくるのです。

残念ながら中型免許どころか、現在では普通免許も免許離れが進んでいます。

ただでさえ現在は輸送業界の人手不足が深刻です。とくに若い人が!

そこで登場するのが今回の準中型免許というわけです。

今の時点では中型免許の受験資格は、普通自動車の運転経験が2年以上ですから、どんなに若くても20歳以上にならないと取得できないわけです。

しかし、今回誕生する「準中型免許」は、未経験でいきなり取得することができるので18才から取得できます。

つまり高校新卒者でも輸送業界に就職し、即戦力になれる可能性があるわけです。

したがって「準中型免許」の導入を最も歓迎するのは、若手の雇用に繋がる可能性のある輸送業界でしょう。

逆にすでに普通自動車免許を持っていて、プライベートでしか車に乗らない人は全く何も変化はありません。

今まで乗れたクルマに乗れなくなることはないので安心してくださいね。

これからの免許取得者への影響は?

今まで乗れた車に乗れなくなることはないのは先ほど書きましたが、逆に平成29年3月11日までに、普通自動車免許を取らないと乗れない車がでてきます。

なぜならば、普通自動車免許で運転できるサイズが小さくなるからです。

これまでの車両総重量が5tから3.5tに引き下げられ、最大積載量が3tから2tに引き下げられます。

自分がその車を運転できるかどうか判断するには、車検証を見るしかないのですがこの1.5tとか1tとかの差が実は大きいのです。

具体的にはキャンピングカーの一部の車両総重量が、3.5tを超える場合があるのです。

ご家族が大きめのキャンピングカーにお乗りの方は、特に注意が必要です。

うっかり違反することのないように、きちんと車検証を見て確認しておきましょう。

流れ的に普通免許はどんどん乗れる範囲が狭くなってきてますね。

大は小を兼ねると言いますし、どうせなら平成29年3月11日までに普通免許を取得したほうがお得と言えるでしょう。

平成29年3月12日以降に普通免許を取得すると、上のクラスに行くにはその都度受験料などがかかってしまいますから明らかに損ですよね。

まとめ

個人的には「準中型自動車免許」は、明確に運送業界への就職を希望する人にしか需要がないと思います。

要するに、MTみたいな感じで、何となく取得しておこうって人は少ないと思うんですよね。

今回の免許制度の変更は、車にあまり興味のない人や、仕事で車を使わない人にとってはとくに影響はないでしょう。

平成29年3月11日までに普通免許を取得したほうが、何となくお得ですよくらいの感覚で大丈夫だと思います。

もちろん車両総重量が3.5tを超える車にお乗りの方で、お子さんが免許を取れる年齢の場合は一声かけてあげてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

☞早く・安く・確実に免許取得するためにはこちらの記事もオススメです

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする