自動車保険をインズウェブで見直して最安値に乗り換えよう

自動車保険料を安くしたいけど、見直しをどこにお願いしたらよいのかわからないとお困りですか?

自動車保険(任意保険)は車に乗る以上は、必ず入る責任があると個人的には思っています。

しかし一方で、何も起きなければ掛け捨てになってしまいますし、毎年更新しなければいけないので面倒です。

ですから少しでも安く、そして少しでも速く、サクッと更新したいと思うのは当然ですよね。

それなら、利用者が900万人を突破した、保険の窓口インズウェブさんが断然オススメです。

今回は保険の窓口インズウェブさんで何ができるのか、どんなサービスが提供されているのかを徹底解説します。

安かろう悪かろうではない、安心して加入できる自動車保険を、最安値で探してる方は必見です。

インズウェブは一括見積もりの窓口

インズウェブは窓口として、見積もり依頼主と保険会社をつなぐサービスを提供しています。

インズウェブの大きな特徴は、最短5分で最大20社へ自動車保険の一括見積もりを請求できることです。

見積もりを希望する人は、一度情報を入力するだけで複数の会社へ見積もり請求ができます。

依頼主が自分で各保険会社と連絡を取る必要はありません。

インズウェブの公式サイト上で必要な情報を入力すれば、その情報をインズウェブが各保険会社へ連絡してくれるのです。

インズウェブを通して見積もり請求を受けた保険会社は、試算結果を直接依頼主のもとへ通知します。

見積もりの結果がわかるまで、とても簡単な流れですね。

このほかにインズウェブでは、見積もりをする人が正しい保険の知識を得られるように、自動車保険に関するコンテンツを提供しています。

インズウェブで一括見積もりをする2つのメリット

インズウェブで正しい知識のもとに節約!

メリットの1つは、一括見積もりをすることで自分に合う自動車保険を選べて、大幅な保険料の節約ができることです。

例えば、生活が変化して車を頻繁に使用しなくなるというケースもあるでしょう。

そういった場合、補償内容をよく見直すことで保険料が大幅に安くなる場合があります。

必要出費ともいえる自動車保険料を安くできるのは、何よりも大きなメリットではないでしょうか。

また、インズウェブでは節約につながる自動車保険のコンテンツが豊富に準備されていますので、安心して見積もりを依頼できます。

単に一括見積もりをすれば自動車保険料が安くなると、うたっているわけではありません。

なぜ保険会社ごとに保険料が違うのか、どのように自動車保険を選ぶとよいのかを詳しく説明しています。

また自動車保険料を比較することの意義も、きちんと把握できるようになってます。

例えば、自動車保険料が自由化になったことや、加入者の条件によって保険料に差が出てくることの詳細などを知れます。

保険料が安くなる理由を理解した上で大幅に節約できるのが、インズウェブを利用する最大のメリットの1つです。

インズウェブで速く簡単見積もり!

もう1つのメリットは、自分で個々の保険会社と連絡をとらなくてよいので、時間の節約ができることです。

もし各保険会社に自分で連絡をとるとしたら、同じことを何度も話して説明しなければいけませんので、大変手間がかかることでしょう。

しかしインズウェブを利用するなら、その無駄が省けます。

インズウェブでは、最短5分で約20社へ一括で見積もり請求ができます。

これがいかに優れたサービスであるか、買い物を例にとって考えてみてください。

例えば安いお肉を買おうと思い、幾つかのお店で料金を比べてみることにします。

一軒一軒のお店を回り、20店舗の値段を比較して購入するまでに、どのくらいの時間が必要でしょうか。

1時間、2時間、いやまる一日かけても時間が足りないかも知れません。

5分で20店舗の値段を比較することなど到底できません。

そう考えると最短5分で20社というのは、いかに優れたサービスなのかがわかると思います。

インズウェブ利用後に生じる不安にお答えします

一括見積もり後に心配な点として、保険会社からの連絡が面倒だ、またしつこい勧誘があるんじゃないかという2つの点があります。

保険会社によって違いますが、保険各種の案内や自動車保険の満期日を知らせるメールが届く場合があります。

こういったダイレクトメールは、デメリットのように感じて実はメリットです。

例えば、保険の更新月をお知らせがあることで、満期日を忘れずにすみます。

更新月を意識して定期的に保険の見直しをおこなえば、さらなる節約につながるでしょう。

なおダイレクトメールが不要な場合は、配信停止ができます。

もう1つの点、頻繁に電話がかかってきて勧誘が増えるのではないか、これも全く心配する必要はありません。

見積もりの際に個人情報を入力していますが、インズウェブは個人情報を適切に扱っています。

見積もり依頼主に関する情報は、見積もりのお知らせをするためだけに使用されますので安心してください。

一括見積もりをインズウェブで行う場合に必要な情報について

インズウェブを利用して自動車保険料の一括見積もりを行う場合、幾つかの情報をそろえておく必要があります。

大きく分けて3つで、見積もりを依頼する人の個人情報、また自動車とその契約保険に関する情報です。

必要な情報は、車検証と自動車保険証券にすべて書かれています。

個人情報と車の情報は正確に

当然ながら見積もりを行う人の情報が必要ですが、これにはメールアドレスと住所が含まれています。

ネットで見積もりをするだけなのに、なぜそこまで詳しく教えないといけないのだろうと思いますか?

なぜなら見積もりによって試算された保険料が、直接依頼主のもとへ送られてくるからです。

インズウェブでは、依頼主が記入した情報を窓口として受け取り、各保険会社へ送ります。

それを受け取った保険会社が、試算した保険料を連絡してくれますので、アドレスは間違いのないように提示しましょう。

個人情報に加えて車の情報も正確に記入する必要があります。

初年度登録やメーカー、また車種と型式についてです。

年式と型式も保険料の見積もりには重要な部分ですから、適当に書かずに車検証どおりに記入しましょう。

一般的に高級車でグレードが高い車は、自動車保険料が高く設定されています。

補償内容に間違いはありませんか?

個人情報と車の情報に加えて、もう1つ忘れてはいけない情報は、現在契約している自動車保険の補償内容です。

現在の加入内容をもとにして見積もりの保険料が決まりますので、自動車保険証券をよく確認してください。

その中にはどんな情報が含まれるのでしょうか?

代表的なものとして、対人対物の賠償金額や車両保険の有無、また補償される運転手と年齢があります。

さらには適用されている等級もわかれば、より正確で現状に合う保険料になるでしょう。

例えば、等級は1~20まで設定されていて、数が多いほど保険料が安くなります。

20等級の人が間違って6と記入してしまうと、初めて保険に加入した人と同じ保険料になってしまいます。

等級に関する情報も保険証券に記載されています。

現在の補償内容をよく確認して、正確な情報で正確な見積もりを行いましょう。

見積もりで見直したい自動車保険の特約について

自動車保険の特約とは、保険料を少しプラスして支払うことで、基本的な補償に加えてより幅広い補償を受けられるものです。

特約は契約者のニーズに合わせて設定されていますので、それぞれがどんな補償内容になっているのか知っておくとよいです。

より自分の生活に合う保険を選ぶために、特約をよく見直しましょう。

例えば自転車事故と特殊なケース

自転車走行中の事故がふえているため、自転車事故補償特約を新たにつける人がいます。

走行中の事故により他人にけがを負わせてしまった場合、その死亡保険金や入院保険金などが補償されます。

また事故による自分のけがに対しても補償がある特約です。

東日本大震災以降に始まったのが、地震・噴火・津波車両全損時一時金特約です。

地震や噴火による津波で車が浸水し、車が全損した際に補償を受けることができます。

地震や津波による損害は、車両保険では免責になっています。つまり保険会社が修理費等を支払う責任がないのです。

しかし、この一時金特約をつけることで、津波により全損になった場合に、移動手段確保などの臨時費用として、一時金が支払われます。

万が一のことを考えて、こういった特約も見直しておくとよいでしょう。

インズウェブで自動車保険が安くなった体験談をご紹介

インズウェブで自動車保険が安くなると言われてもピンと来ない方は、実際の利用者の体験談を参考にしてみましょう。

実際に利用した方の声に勝るものはありません。

自分に合う保険を選ぶことで安くなった

30代男性の方は、一括見積もりをすることでほかにも安い保険会社があることがわかった、またその時々で比較検討しなければいけないと感想を述べています。

また、定年退職がきっかけで自動車保険の見直したところ、驚くほど安くなったと語っているのは60代男性の方です。

この方は、種々の割引制度があることを知って、さらに驚いているとのことです。

これまでは会社の団体で加入していたため、保険を比較する機会に恵まれなかったようです。

しかし退職をきっかけに見積もりをすることで、各会社ごとに保険料に違いがあることを知り、最安値で契約できました。

こういった体験談から何がわかるでしょうか。

生活環境の変化とともに自分に合う補償内容に見直せば、保険料をかなり安くできることがわかります。

年齢や車の走行距離、また車両保険に特約をつけるかつけないか、これだけでも保険料に違いが出てくるのです。

同じ補償内容でも保険料が違うことに気づいた

インズウェブで一括見積もりをした40代男性の方は、今までと同じ契約内容なのに大幅に節約できたと感想を語っています。

また別の40代男性の方は、同じような補償額でも保険の掛け金が全然違うことに驚いたと述べて、良い意味で意外な結果になったようです。

これまでずっと同じ保険会社を利用してこられた方にとっては、嬉しい悲鳴と言えます。

二人の体験談からわかるのは、補償内容が同じでも支払う保険料は全然違うということです。

なぜこのような違いが出てくるのでしょうか。

自動車保険の自由化によって、各保険会社が自由に保険料を設定できるようになったからです。

また代理店系からダイレクト系へ、つまり通販で保険を販売する会社へ切り替えるだけも、大幅に安くすることができます。

同じ契約内容なんだから、どこの保険会社も料金は同じだと決めつけずに、一度料金を比較したほうがよいですね。

この先5年、10年と長期的に考えた場合、かなりの金額の差になりますからね。

実際にインズウェブを利用する方向けの使い方ガイド

インズウェブの公式サイトを利用して、自動車保険料の一括見積もりを行ってみましょう。

コンテンツがたくさんあって迷うかもしれませんが、複雑なことはなく使い方は簡単です。

一括見積もりサービスの流れと、利用するに当たっての注意点をみていきましょう。

最短5分で見積もり請求が完了

インズウェブで見積もりを請求する方法はとてもシンプルです。

まず自分の情報を入力するに当たり、現在加入の方は自動車保険証券を、新規加入の方は車検証を準備してください。

(以下の画像は保険の窓口インズウェブ公式サイトより引用)

次にインズウェブのホームページ上に、一括見積もりを案内している表示がありますので、その箇所をさがしクリックします。

そうすると必要な情報を入力する画面に移りますので、記入もれがないように一つずつよく確認しながら進めていきましょう。

入力が必要な情報は、自動車の情報と車の使用状況、また現在契約している保険の内容と補償内容などです。

記入しなければいけないことが多いと感じるかもしれませんが、車検証と保険証券があれば問題なく入力できます。

見積もり請求まではわずかこれだけの作業で完了するので、あとは保険会社からの試算結果を待つだけです。

保険会社からの連絡は、記入したメールアドレスやDMで届きます。

誰もが気になる見積もり結果ですが、一社ごとに保険料がメールに記載されているので、とってもわかりやすいです。

あとは見積もり対象の保険会社の中から、納得のいく安さ・内容であれば契約しましょう。

利用に際して注意点2つ

インズウェブを利用するにあたって、覚えておくとよい点が2つあります。

情報は正確に

1つ目は車の情報や契約保険の情報を、正確に記入しなければいけないことです。

記入する情報が正確であればあるほど、より自分の現状に合う保険料が試算されます。

車検証と自動車保険証券の内容を十分に確認して、正確に記入できているかチェックしましょう。

特に保険証券が最新のものかどうか、保険の満期日をよく確認して記入してください。

時間に余裕を持とう

2つ目は自動車保険の更新・見直しは、余裕を持って準備をすすめるということです。

自動車保険は保険会社にもよりますが、満期日の3~4ヶ月前から加入手続きが可能です。

もちろん初めて加入する場合も、納車日や初めて運転する日に間に合うように早めに手続きをおこないましょう。

保険会社を変更する場合は、前契約が満了して7日経つと等級が引き継げなくなりますし、手続きが遅れると基本的にはデメリットしかありません。

ちなみにインズウェブの利用者では、31~60日前に一括見積もり請求サービスを利用する人が最も多いです。

また今後は自動運転車の登場により、自動車保険(任意保険)のシステムが大幅に変わる可能性がありますので、常に最新の情報を仕入れていきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

自動車保険(任意保険)の料金の見直しは、みなさんの想像以上に簡単だったのではないでしょうか。

なにせたったの5分間、必要事項を記入していくだけですからね。

自動車の維持費を節約したいのであれば、まったく同じ補償内容でどの程度安くなるのかを調べてみてはいかがでしょうか。

みなさん平均で3万円以上も安くなってますので、試してみる価値はありそうですよね。

☞今すぐ無料で一括見積もり