自動車保険の事を知れば知るほど保険料は安くなりますよって話

無事に免許を取得して、いよいよ車を運転する時は自動車保険に加入するというのが一般的ですが、自動車保険の仕組みが良くわかっていない人も多いのではないでしょうか。

とくに保険のことを、ディーラーや中古車販売店に任せてあるような人は要注意かも知れません。

車を運転する以上ある程度の知識は付けておいても損はないので、ぜひこの機会に一緒に勉強していきましょう。

自動車保険とは?

まず自動車の保険には強制保険と任意保険があります。

強制的に入らなければいけないのが「自賠責保険」です。

そして、一般的に自動車保険と呼ばれるのは、保険会社が販売している「任意保険」のことです。

自賠責保険とは?

補償額と補償内容

まず一番大事なポイントですが、自賠責保険では対人賠償のみで対物賠償はありません

民家や電柱、店舗などに突っ込む自損事故はもちろんですが、車対車の衝突事故でも相手の車の修理代などは一切補償されません。

極端な話10億円のフェラーリに突っ込んで全壊した場合、10億円の賠償額をすべて自分で用意しなければなりません。

一方で、対人賠償の補償額は死亡時3000万円まで、後遺障害時4000万円まで、傷害時は120万円までとなってます。

3000万円とか4000万円とか聞いたら一瞬、高額に感じますが実はまったく足りません。

過去の高額賠償になった交通事故の判例を見ればあきらかで、2億円越えや3億円越えの賠償額は数多くあります。

例えばお医者さんや弁護士さんなどの、高所得者が被害者の場合、賠償額も高くなります。

高額賠償になるケースでは逸失利益という難しい言葉が出てくるのですが、今回はややこしくなるので読み方だけでも覚えておきましょう。

「いっしつりえき」と読みます。

補償範囲

自賠責保険の補償範囲は他人のみとなっています。

他人というのは、「運転者と運行供用者以外の人」のことを指します。

運行供用者とはその車を実質的に支配している人のことを指します。

例えば子供が父親の車に乗った場合は、父親が運行供用者になりますし、従業員が会社の車に乗った場合は、会社が運行供用者になります。

具体的な例としては子供が運転する父親の車で、運行供用者である父親を撥ねたとしても一切補償されません。

しかし普段運転しない母親を撥ねた場合、母親は運行供用者ではないので、家族とはいえ他人とみなされます。

したがって母親の傷害に対しては「自賠責保険」では、補償範囲となるため、保険金が支払われます。

ちなみに「任意保険」の対人賠償保険の補償範囲は、本人、家族、使用人など以外になりますので、家族を轢いてしまったような場合でも任意保険では補償されません。

つまり先ほどの母親を撥ねたケースでは、「任意保険」では補償外となるため、保険金は支払われません。

「自賠責保険」と「任意保険の対人賠償保険」では他人の意味が違うので、しっかりと理解しましょう。

罰則

自賠責保険は車を買った時や車検を通した時に、自動的に加入しているケースが多いので、あまり保険に入っているという意識はないのかも知れません。

しかし自賠責保険は強制保険ですので、自賠責保険が切れた状態で一般道を走行すると、道路交通法違反となり「違反点数6点」「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」の罰則が科せられます。

なお万が一、車検切れや自賠責保険切れの車に引かれた場合、被害者保護の観点から政府が自賠責保険の補償額と同額を補償してくれます。

任意保険とは?

任意保険は、一言で言えば自賠責保険では補償されない部分を補う保険です。

ただ、任意保険には様々な種類があって、自分に必要な保険を選んで加入すればよいので、全ての種類に加入しなければいけないという事はないのです。

まさに任意だけあって加入している保険内容はみんなそれぞれ違うのです。

任意保険は主に7種類

対人賠償保険

他人にケガをさせてしまったり、死亡させてしまった場合を対象とした保険。

自賠責保険の限度額では足りない場合、その足りない分を補填するのが対人賠償保険です。

多くの保険会社では、「任意保険」に加入すると自動的にセットされます。

対物賠償保険

他人の車や壁、ガードレール、店舗など、物を破損させてしまった場合を対象とする保険。

これも多くの保険会社では、「任意保険」に加入すると自動的にセットされます。

搭乗者傷害保険

契約している自動車に乗車中の、運転手を含むすべての同乗者を対象とした、ケガや死亡した場合に支払われる保険。

自損事故保険

他の誰も巻き込まずに、自分だけで起こした単独事故の場合や、相手方に過失がなく「自賠責保険」から補償が受けられない事故の場合に適用される保険。

無保険者傷害保険

相手が対人賠償保険に加入していない場合や、加入していても保険金が少なく、賠償金を支払う能力が無い場合に適用される保険。

ひき逃げなどで加害者が特定できない場合も対象となります。

人身傷害補償保険

ケガをした場合の治療費等を、自身の過失部分も含めて全額負担してもらえる保険。

例えば自分の損害額が300万円の場合、過失割合が相手5割、自分5割だったとします。

この場合、相手の保険から150万円のみ支払われることになり、残り150万円は自己負担になってしまいます。

このような場合に、自己負担分の150万円が人身傷害補償保険から保険金として自分に支払われます。

補償の内容は一部「搭乗者傷害保険」とも重なりますので注意が必要です。

車両保険

自分の車が破損した場合を対象とした保険。

車両保険自体は、事故を起こした際の被害者などへの補償ではなく、自分の車に対する保険です。

自動車が新車であったり、高級車、また盗難されやすい車種である場合は加入した方がよいですが、年式の古い車など車両価値が低い場合は、加入メリットがないかも知れません。

車両保険の有無で値段が大きく変わるので、入らない人も多いです。

特約

自動車保険の基本的な補償はここまで説明した7つです。

これらに加えて、さまざまな特約(オプション)が用意されています。

例えば、事故の示談交渉を弁護士に依頼するときの弁護士費用を補償してもらえる特約などがあります。

ロードサービス

さらに、ほとんどの保険会社では、自動車保険の加入者にロードサービスを提供しています。路上でガス欠を起こしてしまったときにガソリンを届けてくれたり、様々なトラブル時に助けてくれるサービスです。

サービス内容は各保険会社の商品・プランによって微妙に違いがあるので、このあたりも保険選びの検討材料になるでしょう。

任意保険の加入率

これは損害保険料率算出機構「自動車保険の概況」によれば、2015年3月末のデータで、

・対人賠償保険  :73.8%  ・対物賠償保険 :73.8%

・搭乗者傷害保険 :34.0%  ・車両保険   :43.2%

・人身傷害補償保険:67.0%

となってます。

ただし、このデータには自動車共済などの共済による補償は含まれていません。

共済と言うのは保険という言葉を使わないだけで、中身は保険と同じです。

共済の自動車保険にあたるものを自動車共済やマイカー共済と呼びます。

したがって共済を含めた対人賠償保険の加入率は、約85%ほどの数字になります。

それでも15%の車が対人賠償保険に入っていないことになります。

また都道府県によってもかなりの差があり、対人賠償保険の加入率が最も高いのは大阪府で82.2%、最も低いのは沖縄県で53.3%です。

沖縄県は経済的な理由で自動車保険に入らない人も多いようですが、県民性も関係があるかも知れません。

自動車共済などを含めた対人賠償でも7割以下の数字というのには驚かされます。

任意保険に入る時の大事なポイント

任意保険は万一事故を起こしてしまった際に、何が自分にとって必要となるのかを考えて補償内容を選ぶべきでしょう。

不要な特約や補償はとことん省きましょう。

しかし、よく分からないまま適当に自分の感覚でプランを組んでしまうと、期待していた補償が使い物にならなかったりで、安かろう悪かろうの商品になりかねません。

大きな事故を起こしてしまった際、当然ながら賠償額が高額になります。

対人賠償の例(出典:2013年12月9日付 保険毎日新聞 )

  • 41才 眼科開業医(男性)の死亡事故→賠償額:5億843万円
  • 21才  大学3年生(男性)に後遺障害→賠償額:3億7829万円
  • 33才  会社員 (男性)に後遺障害→賠償額:3億6756万円

対物賠償の例(出典:2014年3月12日付 保険毎日新聞)

  • トラックに積載の呉服や洋服に損害→賠償額:2億6135万円
  • パチンコ店に損害            :1億3450万円
  • 電車損害、復旧工事費、家屋損害など   :1億2036万

ほとんどの人にとってはこれほどの損害賠償額を自己負担で払いきることは不可能でしょう。

しかし、「対人賠償、対物賠償」は相手への賠償支払いになりますので、「払いたくない、払わなくてもいい」は通用しません。

もしも加害者が自己破産してしまった場合、被害者のほうも事故に対する十分な補償が受けられないままとなってしまう可能性があります。

お互いのこうした不幸を防ぐためにも、対人賠償・対物賠償の限度額は必ず「無制限」と設定する必要があります。

対人賠償・対物賠償は無制限に加入しないと、任意保険に入る意味がないと言っても過言ではないでしょう。

自分だけ事故に遭わないは通用しないと肝に銘じておきましょう。

任意保険を安くするポイントは?

任意保険は7種の保険と各種の特約がセットとなっており、その基本的な構成はどこの会社でもほぼ同じです。

しかし初心者がいきなりパンフレットを見ても、どんな補償が必要なのか、設定金額はいくらが適切なのかを判断するのは難しいでしょう。

保険料はなるべく安く抑えつつ、大事な補償はしっかりと確保するのが理想ですよね。

ここでは実際に私が今現在入っている、プランを紹介しましょう。

私は裕福ではないので節約の参考にはなると思います。

対人賠償保険  : 無制限

対物賠償保険   :  無制限

搭乗者傷害保険 : 不要

人身傷害保険  : 3000万円まで

車両保険    : 不要

無保険車傷害保険: 自動セット

自損事故保険    :  自動セット

特約(オプション)は弁護士費用の補償をつけました。

まず私の場合、貯蓄が少ないので、貯蓄では対応できない出費や損害に備える必要があります。

まず任意保険において最も重要で、賠償も数千万~5億以上と巨額になり得る対人・対物賠償については迷わず無制限で備えました。

次に搭乗者傷害保険と人身傷害保険については、生命保険と補償内容が重複するため最小限に抑えています。

人身傷害保険はあくまで「ケガへの補償」と考えて上限は3000万で充分な気がします。

最後の車両保険ですが私の場合、車両価格が極端に安いので完全に不要です。

新車や高級車の人は当然入るべきでしょう。

ただし車両保険の有無で保険料にかなりの差があるので、初心者の人は激安車&車両保険なしの組み合わせがオススメです。

特約(オプション)は弁護士費用の補償のみつけましたが、私の場合あまり必須と思えるものはなかったです。

ペット関連やレンタカー関連など様々な種類がありますが、わざわざ保険で備えるレベルのものではないでしょう。

特約 弁護士費用の補償とは

契約者が運転していて事故を起こすと、基本的には損保会社の代理人が相手方との交渉にあたります。

しかし、例外があります。

相手の過失が100でこちらの過失が0の時ですね。

こちらの過失が0の場合、当然ながらこちらの損保会社は1円たりとも保険金を支払う必要がないため、一切動いてくれません。

したがって、自らが相手方と損害賠償の交渉にあたるしかないのです。
そんな時に使えるのが「弁護士費用特約」です。

この特約があれば、損保会社の代理人が動いてくれない場合でも、弁護士に代理交渉を依頼することができます。
初心者は入ると安心かも知れませんが、法律や事故解決に自信がある人には特に必要ないでしょう。

人や車によっても任意保険の値段は違う

ざっくり言えば保険会社に、事故を起こすリスクが高いと判断されれば料金は高くなります。

例えば、20代の人は40代の人と比べて約2倍の交通事故を起こしているという統計があります。

実際に免許取り立ての若いドライバーは運転技術も未熟ですし、保険料が高くなるのも当然かも知れません。

また車両保険の場合、1000万円の車と50万円の車では、修理費や盗難に遭うリスクがまったく変わってくるため料金の差は当然ですよね。

同様にして車にたくさん乗る人よりもあまり乗らない人のほうが安くなりますし、家族みんなで運転する場合よりも本人のみが運転する場合のほうが安くなります。

要するに少しでも事故を起こすリスクを減らしていけば、どんどん安くなるわけです。

とりあえず今回は等級制度のみ見ていきましょう。

等級制度とは

任意保険は、無事故を続けている優良なドライバーは毎年保険料を安くして、事故を起こして保険を使ったドライバーからは保険料も高く取る仕組みになっています。

正式名称をノンフリート等級制度 (以下「等級制度」)といいます。

等級には1〜20等級(数字が大きいほど割り引き率大)まであって、初めは6等級からスタートして、事故を起こさなければ毎年1等級づつ上がっていきます。

その反面、事故を起こして保険金を請求すると一気に3等級下がります。

最高の20等級は、割り引き率がなんと約60%にもなり、その反面、最低の1等級は割り増し約50%になります。

無事故を続けるだけで大幅な保険料の割り引きになるので、ぜひ無事故を続けられるように頑張りましょう。

また等級は条件を満たせば家族間や親族間、また保険会社間でも引き継げます。

20等級のベテランドライバーが家族にいる場合は、大幅割引も望めるのでしっかりと検討しましょう。

任意保険の加入方法

任意保険の加入方法は主に2通りあります。

従来の「代理店型」自動車保険

契約者→車を買った店(代理店)→損保会社

ダイレクト型自動車保険(ネット型自動車保険)

契約者→損保会社

代理店型の特徴

一般的な代理店なら担当者に必要な条件をいえば、ベストなプランとおススメプラン、どうしても加入しておいた方がいい特約や免責、についても詳しくアドバイスしてくれます。

免責とは保険会社がこういう時は支払いをしませんよ、という約束とでも言えばわかりやすいですね。

例えば自分で故意にぶつけて事故に見せかけた場合なんかは、支払われません。

一見すると担当者が詳しくアドバイスしてくれるのは、メリットに感じますよね。

しかし初心者の場合、必要のない補償や特約までついつい勧められて付けてしまうケースも・・・

ただでさえ初心者の保険料は高い傾向にあるので注意が必要でしょう。

また当然ながら契約者と損保会社との間に代理店を挟むので、人件費(コスト)がかかり、どうしても代理店型はネット型よりも料金は高い特徴があります。

例え高くても担当者と直接しゃべれるので、安心感があるように感じるのは日本人ならではかも知れません。

しかし実際は、正しい知識を身につけて必要な補償や特約のみをバランス良く設定するほうがよっぽど大事なのです。

ネット型の特徴

ネット型の特徴は、基本的に自分で補償内容や特約を設定していく必要があります。

代理店型のように対面でニーズを聞きだしてアドバイスしてもらえるということはありません。

正しい知識がなければ安さを求めすぎて不十分な契約内容としてしまったり、あるいは逆に必要以上に厚い補償となり保険料が高くなってしまう可能性もあります。

しかしすでに正しい知識のあるベテランドライバーの方は、そんな心配はないので、はっきり言ってネット型は向いていると言えるでしょう。

また初心者の方も、正しい知識のある家族や友人に相談しながら申し込めば、保険料をなるべく安く抑えつつ、大事な補償はしっかりと確保できるのではないでしょうか。

ネット型はコストを省けるので、とにかく安いのが特徴ですからね。

ダイレクト型(ネット型)自動車保険はさらに安くなる

またネット型の場合、ただでさえ安いのにネット割引や一括見積もりサービスを利用すれば、さらに安くできます。

ネット型の損保会社はたくさんあるので、全く同じ補償内容でも料金やサービスに違いがあります。

そんな中で自分に合った最も安い損保会社を探すには、実際に一括見積もりを利用し料金の比較をするしかありません。

例えばこちらの「保険の窓口インズウェブ」さんでは、必要事項を一回入力するだけで最大20社の一括見積もりが無料で受けられます。

全くの初めての場合でも、順序良く記入項目通りに入力するだけなので安心です。

また一括見積もり入力する事で保険の知識も身につきますし、最安値の比較や保険会社の比較が簡単にできます。

ちなみに私は親戚の勤務する代理店型と契約していたのですが、一括見積もりを利用してみたところ、全く同じ補償内容で79000円⇒58000円になりました。

親戚には申し訳ないのですが、次回の契約更新時に乗り換える予定です。

一括見積もりを知らなければ、今後何年も損をしていたはずなので本当によかったです。

☞今すぐ無料で一括見積もりを試してみる

まとめ

任意保険に安さを求める場合、選択肢はネット型しかありません。

とくに初心者の保険料は高くなるので、うまく有効利用するといいでしょう。

もちろんベテランドライバーの方も、全く同じ補償内容で見積もりを取って、どの程度安くなるのかを比較検討してみるといいでしょう。

自動車保険は何も起きなかった場合、掛け捨てになってしまうので節約はかなり大事だと思います。

しかし、安さを求めすぎて不十分な契約内容にならないように、自分自身でしっかりと正しい知識を身につけて、不安な方は必ず家族や友人に相談しましょう。

何事も知らないと損をするのです。

インズウェブ自動車保険一括見積もり